« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

レプリカボディー製作

 いよいよ明日はエポグラです。・・・なのになぜか今日はボディー製作です。6月のタミグラでデビュー予定です。

 まずはボディーをカットし、中性洗剤でしっかり洗います。この作業が面倒でクリーナでふき取るだけという人もいるようですが、私は洗う派です。乾燥後定番のクリア↓

Dscf5883

を吹いてざっくりとしたマスキングラインを書いておきます。

Dscf5886

 次にボディーマウントとアンテナ用の穴位置をマーキングしておきます。下の写真のようにシャーシの上にボディーを載せ、ペンでマーキングをしておきます。ただ、そのままだとフィルムをはがしたときにマークまで取れてしまうので、ボディーリーマやナイフで傷をつけておきます。

Dscf5885

 次はマスキングです。塗装する順番はケースバイケースだと思います。今回はマスキングし易い方を選択しました。後でコレが仇となることに・・・。写真にもありますが、私は6種類の幅のテープを使っています。ここまでは必要ないと思いますが、3種類程度は必要かと思います。

Dscf5887

 いよいよ塗装です。私はタミヤのスプレーワークを使用しています。このタイプはコンプレッサの動作音も静かで、とても扱いやすいです。

Dscf5879

 塗料はこちら、ファスカラーです。水性なので希釈も簡単、塗装後の掃除も中性洗剤で洗ったら簡単にきれいになります。塗りあがった感じも軽く、わずかですがボディーの軽量化にも有効かもしれません。

Dscf5880

 先ほど水で希釈できると書きましたが、私はコレ↓を使って希釈しています。

Dscf5888

 理由はミーハーで、有名なペインターの方が紹介していたからです(笑)。塗料の色にもよりますが、私は2倍程度に希釈して塗装します。

 まずは1回目。とにかく薄くのせる感じで吹き付けます。ついつい色を出したくて厚めに塗りがちなのですが、ここはじっと我慢です。塗り終わったら作業時間を短縮するためにドライヤーを使って乾燥させます。

Dscf5889

 3回くらい塗り重ねるとこのくらいに仕上がります。

Dscf5890

 この後、マスキングを取って黒を塗り(スカート周り、窓枠など)、窓をタミヤのスモーク(ポリカ用スプレー缶)で塗り、フィルムを取るとこんな感じに・・・

Dscf5894

 私はフィルムを剥いだ直後が大好きです。単純にボディー表面がピカピカだからです。裏側は色が透けないように黒で裏打ちをしておきます。

Dscf5893

 薄めに塗ってあるので、まだムラが残っています。・・・とここで失敗を発見!イエローをしっかり塗ったはずが、ブラックで裏打ちしたら少し黒が表に出てしまいました。通常色目の薄いカラーリングには白などで裏打ちするのがセオリーですが、どうせ黒を塗るのだからと、横着をしてしまったのが仇になりました。

 ここまできたら、あとは予め用意してあった自作ステッカー(実はコレを作るのが大変!)を使ってボディーを仕上げていきます。

Dscf5895

 で、仕上がりはこんな感じ・・・

Dscf5901

 イエローハットトミカZですっ!!

Dscf5898

Dscf5902

 かっこいぃぃぃぃーー!(自画自賛)

 本番前にはもう少し手を加えるつもりです。ってこの時点で17時!!

 明日のレースの準備やってな~い!

 大丈夫か、俺??

4月 29, 2006 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

エボⅤ登場

 タミヤUSAのHPなどで以前から紹介されていましたが、ついに本家タミヤJAPANのHPでも画像が出ましたね!

Evo5

 そうです。EVO Ⅴですっ!。

 6/17頃発売だそうです。値段は\62,790!個人的にはダブルデッキは415にハマリ気味なので静観する予定ですが、あくまで予定は未定です(笑)。実物見ちゃうとぐらつくかも?近々だと5月の静岡ホビーショウで見るチャンスがあるのですが、たぶんその時期はアメリカ出張の可能性が大です。返ってよかったかも(笑)?

 それよりも、こんなパーツが出てますね。

  TA05 アルミデフジョイント
  Item No.53919
  6月24日(土)ごろ発売・1,890円(本体価格1,800円)

  TA05 アルミモーターマウント
  Item No.53920
  7月1日(土)ごろ発売・5,250円(本体価格5,000円)

 モーターマウントって軽量化で有利かも?それにしても

 \5,250って・・・、そりゃないでしょタミヤさんっ(怒)!

 買っちゃうかな・・・いや買わない、でも・・・。7月まで積み立てでもするかな(爆)。

4月 26, 2006 趣味 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

優柔不断を断ち切ったもの・・・

 今日自宅に帰ったらTA05用のオプションパーツが届いていました。先日オークションで落札したものです。

Dscf5878

 落札する数日前からずっとウォッチリストに登録してあり、欲しいな~ってずっと悩んでいました。

 ところが、先週の土曜日の夜に自宅でお酒を飲んでいたら、なんかいい感じになってきて、無意識のうちにパソコンの前にすわった瞬間・・・

 速攻落札です(爆)!しかも3連チャンです!

 優柔不断を断ち切ったもの・・・それは

 酔った勢いでした(悲)。

 さ~て、いつ搭載しようかな~っと(楽)。気持ちの切り替えだけはバツグンです。

4月 25, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

モーターのメンテ

 今日は私がやっているモーターのメンテナンスについて紹介します。基本的には特別なことはやっていなく、一般的な内容です。今回は週末のレースで投入予定のタミヤのTZをメンテします。

 TZはスタンダードタイプの23Tストックモータです。回転ではRZには劣りますが、とても扱いやすいモーターで、415などのベルト駆動のマシンにはおすすめです。

Dscf5840_1 

 まずはバラバラに分解します。私は写真のようなかご(100円ショップで購入)に全てのパーツを入れて、そのままパーツクリーナで洗浄します。手が汚れることもなく、モーター以外のパーツを洗浄する際もとても便利で気に入っています。

Dscf5839

 クリーナが乾燥するのを待っている間にコミュテータを研磨します。私はEAGLE製のコミュ研を使っています。比較的安価で、機能、性能ともに申し分ありません。写真は研磨の前にコミュにオイルを塗っているところです。

Dscf5841

 こちらは研磨前のコミュの写真です。ちょっとわかりづらいですが、コミュが一部黒くなっています。

Dscf5842

 こちらは研磨途中の写真です。ひと皮向けてきれいな銅の表面が見えるのは気持ちのいい作業です。

Dscf5843

 研磨が終わったら、コミュ部をパーツクリーナで洗浄します。そのときコミュの電極間のすきまにたまった削りカスをアートナイフなどを使ってきれいに取り除きます。ちょっとピンボケしてますが、仕上がりはこんな感じです。あまりきれいに写ってないですね・・・。

Dscf5844

 今度はブラシのメンテです。研磨後のコミュの直径をノギスで正確に測ります。私はブラシのメンテにKOSEブラシセッターPROブラシベストカッティングセットを使っています。先ほど計測したコミュの直径にあった研磨軸を選び、それをモータにセットしてブラシを削ります。

 新品のブラシを使う場合も同じです。今回はケチってそのまま使います(笑)

Dscf5848_1

 研磨後のブラシ表面はこんな感じ。ピントが指に合ってしまってよく見えませんが、研磨前は黒ずんでいたのが、きれいな銅色になっています。

Dscf5851

 このあたりまで来ると最初にクリーニングしたパーツも乾燥してますので、いよいよ組み立てです。

 まずはブラシホルダーをジグを使って組み立てます。私はKOSEのジグを使っています。このジグはブラシホルダーどうしのアライメントのみならず、ローターのシャフトとのアライメントも取れるので気に入っています。

Dscf5853

 あとはブラシホルダーを固定している4本のねじを均等に締めこんでいくだけです。ここで意外にミスるのが締め込み力です。タップ側の樹脂が意外に柔らかく、ちょっと気合を入れるとタップをなめてしまいます。同じ過ちを私も、師匠ASSY君もやらかしてます(悲)。

Dscf5854

 最後の難関を乗り越えたら、後はロータを元に戻し組みなおします。このときメタルはオイル切れの状態なので、しっかりと注油することをお忘れなく。

 あとは2V程度の低い電圧で5分から10分程度(時間はお好みで!)慣らしをして終了です。ブラシの曲率とコミュの直径は基本的に一致してるので、短時間でアタリが取れます。

Dscf5855

 いろいろ道具も必要だったり、作業自体も大変と思われるかもしれませんが、慣れるとそうでもないです。何よりモーターはしっかりとメンテをしてやれば長持ちしますので面倒くさがらずにやりましょう!えらそうなことを言っている私ですが、そんな私も

 モーターメンテは1日2個が限界です(爆)!

 あまり気合を入れると楽しくなくなりますから、ボチボチやりましょう。

4月 24, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

プチ遠征!

 今日は週末のレースに向けてタミヤ掛川サーキットで練習を・・・と思ったのですが、あいにくの空模様だったので、師匠ASSY君とプチ遠征しました。行き先は愛知県岡崎市にあるsilver stone です。

Dscf5806

 基本的にインドアなのですが、写真にあるのはアウトドアのコースで、こちらではドリフト車、GPカーも走らせられるようです。もちろんEPもOK。インドアサーキットを使う人は無料で利用可能。アウトドアのみの人は格安料金が設定されていました。

 まずは受付です。受付はこちらのショップで行います。

Dscf5810

 かゆいところに手が届くって感じで、あると助かるパーツが揃っています。開店時間である10時ちょうど頃に到着したのですが、すでにお客さんでにぎわっていました。今日は”タミヤタイム”というレース形式のイベントが行われており、開店前からにぎわっていました。

Dscf5807

 さっそくピットエリアに向かいます。ピットエリアは2階にあります。さっそく入ってみるとすでにこんな感じ

Dscf5813

 ほとんどの人がイベント参加者のようでした。しかし、テーブル、イスも用意されており、とても明るくて清潔、しかもエアコン完備と至れり尽くせりです。近くにこんなサーキットがあったらいいな~。

 今日の私のピットです。混雑している割にゆったりとしたスペースをキープできます。

Dscf5809

 ついでに師匠ASSY君のピットを盗撮!

Dscf5827

 かえる柄のケースがキュートです(笑)。ちなみに中身は??です。

 バンドはピットスペース内のボードで管理しています。こちらはとても視認性がよく、私は一番奥のスペースでピットを構えたのですが、そこからでもバンドの空き状況が確認できました。このあたりは店長さんのセンスが感じられます

Dscf5802

 こちらは料金表です。'05.8に改定されたようです。HPに載っている写真(料金表)は改定前のものらしく、すこし値段が変わっています。

Dscf5803

 サーキット内部ですが、ピットエリアから見るとこんな感じ。天井に一部採光用の透明部材を使っているので、今日は曇天にもかかわらず結構明るいです。

Dscf5811

 逆にコース奥からピットエリアを見るとこんな感じ。エアコンを使うときのために全体がビニールでカバーされています。外から見るとビニールハウスみたいですが、中に入ると意外に違和感はありません。

Dscf5818

  こちらはイベントでMCをされている店長さんです。何を聞いてもとても親切に受け答えをして下さるとても真摯な方です。今日はお一人でサーキットの受付、イベントのMCと大忙しでした。

Dscf5820

 こんなことも一人でこなします。

Dscf5816

 さて、いよいよコースインです。店長さんのアドバイスによれば、グリップ剤なしでは厳しいとのこと。フロントばっかり食って、リアが巻いてしまうそうです。あいにく私たちはグリップ剤を持っていなかったのですが、店長さんが好意でおすすめのグリップ剤を貸してくれました。

 それがコレ、Mighty Gripper V2です。このグリップ剤はにおいがほとんど無いのが特徴で、タイヤに塗って5~10分程度放置しておくだけで使える優れものです。タイヤにしみこむタイプとのことで、ウォーマを使う必要もありません。

Dscf5833

 ただ、このグリップ剤はタイヤを柔らかくするだけではおさまらず、アスファルトを溶かすらしく、コースインするスペースのアスファルトは荒れてます。

 Mighty Gripper恐るべしっ!

Dscf5823

 私が持っているのはメジャーなパラゴン白ですが、これは使用禁止だそうです。理由は強烈なにおいです。でもなぜかショップでは販売してました。このあたりにも

店長さんのセンスを感じます(爆)。

Dscf5834

 さて、今度こそホントにコースインです(笑)。まずはSOREX 32R+エボⅣです。グリップ剤なしでしたが、店長さんが言っているほど”巻く”こともなく、意外に無難に走ります。コース脇から見るとかなりテクニカルで恐い感じがしましたが、走ってみると何とかなりそうです。

 1パック終了し、ピットに戻ってタイヤをクリーナで掃除するとこんな感じ。タイヤを2個拭いたらティッシュが真っ黒状態です。路面はグリップ剤でコーティングされている感じでトレッド面にはタイヤの削れカスみたいなものがベットリと付いていました。ただ、コース上には埃などは一切なく、コンプレッサも設置されているのですが、今日は一度も使うことはありませんでした。

Dscf5825

 続いて2パック目。今度はテイクオフ CS32+415です。今度はエボとうって変わって”巻き巻き”です。何が違うのってくらいの状態です。全く店長さんの言う通りでフロントは食うんだけどリヤがかなり負けてる感じです。

 気を取り直して3パック目。今度はSOREX 32R(グリップ剤)+エボⅣです。ファーストコーナーでびっくり

 なんじゃこりゃ~!!

 今までに経験したことのないグリップです。

 Mighty Gripper恐るべしっ(再び)!!

 店長さん、あなたのおっしゃる通りです!シケインなどちょっと攻めるとハイサイドします!EPでハイサイドなんて初体験です(驚)。

 興奮状態のまま3パック目は終了です。続いて4パック目。今度はSOREX 32R(グリップ剤)+415です。さっきは”巻き巻き”だった彼も別人(別マシン?)のようです!ただ、エボⅣに比べてハイサイドの回数が多かったので、車高を少し低くし、リアのダンパーの取り付け角を1つ寝かせました。少々ロールが多すぎる気がしましたが、ずいぶん挙動は落ち着きました。

 そんなこんなで6パックこなしタイムアップ。脅威のグリップ感は未知の領域で楽しかったのですが、いまひとつ充実感が得られない私と師匠ASSY君。どうしてだろうと話し合った結果、掛川と条件が違いすぎるのが原因と言うことに・・・。そうか、

 何の練習にもなってないですよっ(悲)!

 楽しかったですが、それだけで終わってしまった感じ。今週末のレースは大丈夫なのか??

4月 23, 2006 趣味 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

タミグラ in 愛知の案内が届いたよ!

 今日タミヤから3/17に開催されたタミグラ in NAGOYAオートトレンドのレース結果が送られてきました。もうずいぶん前のことなので忘れていましたが、順位をおさらい。

 私      Dメイン4位

 WISH君  Hメイン3位

でした。クラスはノービスで、参加者数は90名でした。ちなみに封筒にはタミヤGPポイントが・・・

Dscf5789

 先日のレース結果が更新されているようです。ちなみに1500位くらいかな?タミグラ人口はすごいですね。

 で、封筒に6/3,4開催のタミグラ in 愛知のエントリー用紙が入っていました。6/3分はこちら

Dscf5792

6/4分はこちらです。

Dscf5793

 私は6/3開催のGTジャパン06クラスにエントリーしようと思います。6/4のエキスパートクラスも気になりますが、さすがに2日連チャンだと

 家族関係がメンテ不可能になってしまいますよっ!

 何事もバランスが大事です・・・。

4月 22, 2006 趣味 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

お待たせ!エボちゃん

 今日は午後から有休でした。小学校の参観会です。子供たちの日ごろ見慣れない姿が見られて新鮮です。

 せっかくの有休だったのですが、いろいろと用事がありバタバタする中

 それでもしっかりとエボⅣをメンテです(爆)。

 まずはチタンターンバックル交換です。

Dscf5786

 続いて前後のカップ&シャフトの交換です。まずはフロント周り。

Dscf5787

 リヤはこんな感じ。しっかりとグリスアップしておきました。

Dscf5788

 これで少しは駆動効率がよくなるかな?

 話題は変わりますが、エポグラのコースレイアウト出てましたね!

20thgp

 今回はなかなかテクニカルなコースになりそうです(汗)。イラストの黒三角はいつもお世話になる”彼”のことだと思うのですが、赤い丸は何?もしや地雷??

 明日は出勤日なので練習はNG、明後日は天気が悪そうですね。来週末は晴れますように。何せレースに向けてタイヤ、バッテリーなどそこそこ投資してますからっ!

4月 21, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

さっそく交換(笑)

 今日の会議は予定より早く終わったため、思ってたよりも早い時間に自宅に着きました。そうなると新しい靴を買うと、お店を出た瞬間に履き替えるタイプの私は・・・

 さっそく交換です(爆)。

 まずはセンタープーリーから、

Dscf5782

 ひと目で違いがわかります。続いてターンバックル

Dscf5784

 誇らしげに輝いてます!しかし、チタンってホントに軽いですね。これで多少のクラッシュでも曲がらないかな?

Dscf5785

 ついでにリヤも。交換したばかりのベルトは真っ白で精悍なイメージになりますね。でも結構すぐ汚れてしまいます。

 今日はここまで。エボⅣは明後日あたりに交換するかな?

4月 19, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

おのぼりさん

 今日は東京に泊まりで出張です。朝5時起きで自宅を出ました。それで御徒町から徒歩数分の場所で9時から18時まで会議です。はっきり言ってヘトヘトです。

 ですが、アフター5は別のスイッチが入ります(笑)。

 なんと今日は会議の会場から徒歩数分というロケーションに目的の場所があります。いつも利用しているここ↓です。

Sn250058_5

 今日は携帯のカメラなので、画像がイマイチですね。いつもこの店に来ると私と同じスーツ姿の”おのぼりさん”でいっぱいです。それだけでも怪しいのに、店員さんもみんな怪しいです(笑)。

 さて、早速お買い物です。メモを片手に店内をグルグル回ります。毎度のことですが、メモしているパーツの倍以上のパーツがかごに納まります。

 なんてったっておのぼりさんですから(爆)

 今日の戦利品です。まずは師匠ASSY君のおつかいから・・・

Sn250059_001

 ブラシホルダリセッタはありませんでした。お店の人に聞いたら、Hybridの商品は取扱をやめたとのことでした。代替もいいのがなかったのでやめました。悪しからず・・・。

 しめて、\2,321 也

 続いてWISH君のおつかい

Sn250060

 こちらは \1,848 也

 今度会った時に渡しますね。

 では、私の戦利品を。まずはエボⅣ用のパーツから・・・

Sn250065

 フロント用のチタンターンバックルに加え、ドライブトレイン一新です!

 続いて415用のパーツ・・・

Sn250066

 ベルトとフロント用のチタンターンバックルセンタープーリーです。

 おまけにこちら

Sn250064 

 総額は・・・怖くて言えません。

 お店を出てATMに直行です(爆)。

 晩ご飯も食べられない状態になるまで買い物をするなんて、全く子供以下です。こうして毎回出張貧乏になっていくのでした・・・。

4月 18, 2006 趣味 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

膨らんでないな~

 先日とあるブログでダンパーのメンテに関する記事を読みました。ダンパー内のオイルシールが膨張し、そのためフィーリングが悪くなったとのこと。

 気になったのでスペアを購入です。

Dscf5736

 使用期間は不明ですが、そこそこ使ったと思われるダンパーを分解。さっそく大きさを比べてみると、見た目ではまったくわかりません

 そこで、ノギスを使って厚み、直径などを計測してみましたが、やはりまったく同じ大きさです。

 ・・・膨らんでないじゃん!

 もう少し使い込まないと膨らまないのでしょうか?新品と中古をよ~く見比べてみると新品は凹部が平面ですが、中古品はやや歪んでいます。左が新品なのですが、写真でわかるでしょうか?

Dscf5737

 これは一大事だと決めつけ、そっと交換しておきました(爆)。

走ってちがいわかるかな~?

4月 17, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

メンテ完了!

 今日は公約通り(笑)エボⅣ415をメンテしました。

 昨日は友達の結婚式の2次会があり(ARTAのオーナーになる彼)、自宅に帰ったのは1時過ぎでした。2時前頃に床につき、今朝は7時前に起きました。ゆっくり休みたかったのですが、早朝より地元の集まりがあったため、しぶしぶ早起きです。

 地元の集会も終え、10時過ぎからメンテスタートです。今回は2台とも完バラメンテです。かなり気合を入れてやったので、全てが終わったのは夕方の5時前でした。

《 エボⅣ 》

 メンテ後の写真です。全体はピカピカなのに、手付けずのバッテリーストッパーが汚れてますね(笑)。

Dscf5776

 今回は久々にボールデフリングギアを交換しました。それと、フロントの後ろ側のアルミサスマウントが変形していたのでこちらも交換です。

 気になるところはここ↓

Dscf5778

 センターカップジョイントが磨耗して、プロペラシャフトがめり込んでいます。機会を見て交換する予定です。

 あと、ターンバックルシャフトが少し曲がっています。この間の練習のときもクラッシュでここが曲がってしまいました。ちょっと高価ですがフロント部分のみチタン製に交換する予定です。

《 415 》

 メンテ後の写真です。

Dscf5779

 こちらはフロントのターンバックルが変形してしまっていたのでスペアに交換しておきました。やはりこちらもチタン製に交換したほうがよさそうです。

Dscf5780

 それと、意外なところが磨耗してました。

Dscf5781

 それはセンタープーリーです。ベルトって意外に強いんですね。センタープーリーの歯が見事にすり減ってました。ついでにベルトも交換するかな?

 しかし、2台の完バラメンテはきつかったです。私は基本的にメンテが好きです。特に完バラメンテをしたあとのマシンが好きなのでついつい夢中になってしまいます。

 今日は雨予報だったのですが、午後からすごくいい天気になってきました。昨日は1日ラジ、今日も1日メンテ三昧で

 家族の視線がちょっと痛い・・・(滝汗)

 来週末のレースが終わったら家族関係のメンテをしよっと(爆)。

4月 16, 2006 趣味 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ハマキタは楽しい!

 今日は4/30エポックGPに向けて、師匠ASSY君とハマキタに練習に行ってきました。WISH君は都合がつかず、2人での練習になりました。サーキットに向かう道中天気が心配な状況になりましたが、途中晴れ間も見え、1日楽しむことができました。

 10時ちょっと過ぎに現地に到着したのですが、2台しか駐車スペースが空いていませんでした。あいにくの曇り空だったのでもう少し空いているかとも思いましたが、さすがの人気です。

 操縦台の下あたりに陣取られている方々が地元のエキパさんたちです。ハマキタを知り尽くしてるぞって感じで走りはすごいです。とにかくミスがなく、走行ラインはとても参考になります。いろいろと教えて欲しいのですが、ちょっと近づきがたい雰囲気を感じます。(たぶんこちらの一方的な思い込みです。)

 今日は師匠の会社の先輩もいたようでした。

Dscf5765

 早速師匠と隣り合わせでピットを設営します。向かって左が師匠ASSY君、右が私です。恐れ多くも弟子の私のほうが大きなテーブルを使ってます(笑)。師匠の使っているテーブルは私のものなのですが、えらくお気に入りの様子。何度もちょうだい光線を発せられましたが、我が家でバーべQなどで活躍するため攻撃を必死でかわしました(爆)。

Dscf5774

 RC SPORTSばりに師匠ASSY君のピットを紹介。

Dscf5773

 恥ずかしながら私のピットも・・・

Dscf5771

 勘の良い方はお気づきになったと思いますが、サイズこそ違えピットを構成するグッズが似ています。それもそのはず、

 だって師匠のコピーなんだもん!

 師匠は随所にちょっとした”工夫”をするので、いろいろと参考になります。私のピットはもう少し整理整頓が必要です。もう少し収納を工夫しないと・・・。

 ちなみに写真右隅を走っているトラックが、師匠の会社の先輩のマシンです。中身はF103GTです。ただでさえとても神経を使うマシンなのに、よくこんなテクニカルなコースで操れるな~と感心してしまいます。ハマキタで開催されるレースではトラック部門で何度も入賞されているようでした。ちなみに最近サイクロンを買ったらしく、ピットで組立作業をやられていました。

 さて、前置きが長くなりましたが今日持ち込んだマシンは、

  師匠  TA05、エボⅣ

  私    エボⅣ、415MSX

です。モータ、ギヤ比などはエポックGP(http://www.plaza.across.or.jp/~epoch-em/epochgp.htm)のレギュレーションに合わせてあります。タイヤは師匠B3、私はSOREX32Rでした。

 昨晩雨が降ったこともあり、午前中はかなりグリップが悪かったです。師匠はウォーマも使っていましたがマキマキの状態でした。気温も高くなかったので、B3はまだ早かったようです。

 私は・・・というと、ウォーマは持っていたのですが、今日は使いませんでした。32Rはグリップしなかったので、2パック目からは28Rにしました。次第に気温が上がってきたのもありますが、28Rの方が合っていました。

《 エボⅣ 》

 エボⅣRZでコースインです。一時期はこの組み合わせのフィーリングがとても気に入っていて、走らせていてもとても気持ちがよかったのですが、最近どうもフィーリングがよくありません。自分のドライブスキルの問題もありますが、どうもプッシュアンダー気味の感じがしたので、以下の変更を行いました。

 フロントバネ  

 フロントアッパーアーム下のスペーサ  5mm3mm

 リアバンパー取付穴(ロア側) ひとつ外に

 3パックやりましたが、なんとかフィーリングは上がってきました。しかし、415と比較して明らかに扱いやすさが良くないので、次回はTZを載せてテストしてみます。

《 415MSX 》

 415MSX + TZでコースインです。こちらは申し分なしのフィーリングです。途中リアのベルトのたるみが気になったのでテンションを上げたのと、フロントアッパーアーム下のスペーサエボⅣ同様 5mm3mmに変更しましたが、終始好フィーリングでした。

Dscf5775

 今日はそれぞれのマシンを3パックずつやりましたが、ほとんどのパックで師匠チキチキやったので、すごく楽しかったです。前後を入れ替えながらお互いプレッシャーがかかった中での練習です。一人で走らせていると結構いいラインで走れるのですが、チキチキ状態だと明らかに乱れます。そういう意味でもとてもいい練習になります。

 まだエントリーしていませんが、エポックGPにはノービスGTのダブルエントリーを予定しています。ちょっと慌しくなりますが、1日たっぷり楽しめます。

 明日は天気も良くないようなので1日じっくりメンテです。

4月 15, 2006 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

お届けもの

 今日自宅に帰ったら、自分宛にお届けものが。

中身はコレ

Dscf5753

 そう、買っちゃいました!発売直後のARTA NSXです!

 これで、TA05も2台体制です。・・・と言いたい所ですが、これは今週末に結婚する友達へのプレゼントです。

 最近会っていないのですが、この間電話で話してたらラジコンをやっているとのことだったので、自己中な私はついつい自分の価値観を押し付けてしまいます。

 なんてったってラジコン野郎のミッションは仲間を増殖させることですから!(爆)

 あとはハマっていく彼を暖かい目で見守るばかりです。先に謝っておきます。

 奥様、ごめんなさい。

4月 14, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

タミグラレポート③

 ~~ 決勝レース ~~

 いよいよ決勝レースです。静かに出番を待つ我がNSX号です。

ボディーはクールでもバッテリーはアツアツです(笑)。

Dsc00058_1

 レース前にゼッケンの配布です。とりあえず記念にパチリ

Zekken1

 調子に乗って操縦台でもパチリ。

Zekken2

 いいオヤジが自分撮りです(恥)。

 やはり記念ですから・・・。

 予選2ヒートの好感触が頭に残っていたためか、いいイメージを持ったままスタートを迎えます。とにかく”1コーナーを押さえたい”との思いが強く思わずフライング・・・。1台のマシンがトリガとなり、数台がフライングとなったためノーペナルティーに。トリガになったマシンはどうやら師匠ASSY号だそうです(自己申告)。

 気を取り直して再スタート。無難にスタートし1コーナーをトップで抜け2コーナーに向かいます。その時点で直ぐ後ろに師匠ASSY号が付きました。予選2ヒート目同様願ってもない展開です。

 マシンはいたって順調、集中力も持続し無難に周回を重ねます。途中師匠ASSY君のミスなどもあり後続車との距離が開きます。こうなると非常に楽な展開でいい感じで周回を重ねます。

 10周を過ぎたあたりで目の前に周回遅れのマシンが現れました。どうも私は周回遅れをパスするテクがありません。周回遅れのマシンは挙動が予想できないため(失礼ですね)、しばらくチャンスをうかがうため追走します。

 バックストレート後のコーナー先のシケイン手前でもたついている感があったので、そこでパスを試みます。・・・がやはり絡んでしまい軽くクラッシュ。幸いにもすぐにコース復帰できましたが、後続との貯金をほとんど使ってしまうことに。

 残り周回は2周という状態でまた先ほどの周回遅れのマシンの背後に付きました。しかしいっこうに進路を譲ってくれる雰囲気はありません。ここで無理にパスしようとしてクラッシュしたら、次は完璧にアウトです。こうなったらギリギリまで追走しようと心に決め、ファイナルラップに突入です!

 もうこの状況では手はプルプル足はガクガクで完全に平常心は吹き飛んでました。その状況下でもはっきりと分かるくらいヘアピンコーナーの手前ですぐ後ろに後続車が迫ってました。

 ここで膨らんだら完璧にアウトだ・・・。

 最後の集中力をふりしぼり、最終コーナーも無事に抜けトップゴール!!

 キターーーーーーーーーーー(毎度)!!

 まさかのクラス優勝です!!!!

  Dscf5732a

 今回はいろんな人に助けられました。ほんとにみんなに感謝です。ラジコンを復活して約2年、

 ついに投資に見合う成果が得られました(爆)。

 ちなみにみんなの戦績は

 師匠ASSY君クラス3位

 エキパ○本氏は決勝Aメイン入りするも、途中リタイヤ

 WISH君はビギナークラスで惜しくも決勝レース進出ならず

 でした。みなさんいろいろサポートありがとうございました。本当に楽しい1日でした。次は4/30FUTABAエポックRCカーグランプリに参戦予定です。

4月 13, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

タミグラレポート②

 ~~ 予選1ヒート ~~

 予選の組み合わせが発表になり、自分のヒートを確認すると、なんと師匠ASSYが同じヒートでした。

 何も同じヒートでなくても・・・。

 この時点で妙なプレッシャーが緊張を更に高めます。

 そんな中、いよいよ予選の第1ヒートが始まります。私のゼッケン番号は147です。つまり予選14ヒートの7グリッドとなります。14ヒートは10台でのレースのため、後列スタートとなります。

 緊張のためか、スタートのブザー音に反応が遅れ、やや出遅れました。直後の1コーナーで前列が絡み、完全に前方がふさがっています。

 どこを走ればいいんだよっ(汗)!!

 当然のようにNSXは魚雷と化しました(爆)。ちょっと先に目をやると前列スタートの師匠ASSYは混乱をうまくすり抜け、かなり先を走っています。これで余計に気持ちがあせってしまい、当然のようにスロットルは握りっぱなしです。練習走行のとき以上にラインがめちゃくちゃで、数回他のマシンとも絡み散々の結果です。

 正直この2分間のできごとは記憶が薄いです(笑)。ただ、ひとつだけ収穫が。予選前のエキパ○本氏のアドバイスに従い、フロントアッパーアームの取り付け位置変更とベルトテンションの調整をしていたのですが、こちらは好感触でした。

 そんなこんなで第1ヒート終了時点での結果は↓でした。54人中16位です。予想していたよりは好位置でした。師匠ASSY君はさすがの2位です。

Heat1

 ~~ 予選2ヒート ~~

 ヘアピンコーナーでの曲がり始めがダルな感じがしたので、予選2ヒートを前にエキパ○本氏にアドバイスをもらったダンパー取り付け角の変更を行いました。モータの慣らしもバッチリです。

Dsc00051

 昼食を取り、気分も落ち着いたところでコース脇で予選を観戦していると、前回の名古屋のタミグラでお近づきになれた○村さんが話しかけてきてくれました。○村さんは名古屋のタミグラでも予選ポールポジションをゲットするなど、私の中では雲の上の存在です。今回はGTジャパンのクラス2にエントリーされていました。

 第1ヒートでの惨状を伝えると、いくつかのアドバイスをもらえました。今回のコースレイアウトでの抜きどころ、クリッピングポイントを抑えるためのテクニックなどとても具体的で分かりやすい内容でした。名古屋でも同じようにアドバイスを頂き、その後いいレースができた経験があったので、妙な安心感を覚えました。

 さて、いよいよ出番です。今回は前列アウト側からのスタートです。1ヒート目の反省を生かし、好スタートが切れました。1コーナーへの進入は確か2番手だったような・・・。その後早い段階でトップに出ることができ、無難に走行していきます。○村さんのアドバイスの通りの走りに徹したところ、かなりいい感じのラインで走れるようになりました。ダンパー取り付け角の変更も好結果につながっているようでした。ラインがいいとなぜか集中力も上がります。

 周回を重ねていくと、直ぐ後ろに師匠ASSY君のマシンが迫ってきました。かなりプレッシャーを感じましたが、仲間内ということもあり、無理な突っ込みはないだろうとの安心感があり、いつもの練習走行の延長のような感じで集中力が持続しました。

 終わってみればノーミスでヒートトップゴールでした。で、気になる予選の結果は・・・

Heat2

 キターーーーーーーー(再び)!!!!

 ドキドキのポールゲットです!!しかも2位との差は0.067sec!!

 チキンハートな私はこの時点でトイレ直行です(爆)。

 予選2ヒートは完全に○村さんのおかげで開眼しました。ホントに感謝です。

ちなみに師匠ASSY君は手堅く3位をキープです。

~~ 次回に続く ~~

4月 12, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

タミグラレポート①

 4/9(日)にの聖地静岡タミヤサーキットで開催されたタミグラに参加しました。開催クラスはDDツーリングビギナーズGTジャパン06の3クラスです。私はGTジャパン06TA05でエントリーしました。GTジャパンはタミヤポイントにより3クラスにクラス分けされます。私はポイントが低いので、クラス3でした。

 開門は 7:30の予定でしたが、現地には 6:40頃に到着しました。その時点ですでにこの状態でした。前泊組も結構いたようです。

Dsc00040_1

 列が長かったこともあり、予定より早めに開門されました。混乱を避けるためにタミヤスタッフが5人程度ずつ区切って入場させます。このあたりはさすがに慣れたものです。

 入場するとまずはピットの設営です。同行したWISH君、師匠ASSY君と今回はエキパ○本氏の4人で木を囲むようにしてピットを設営しました。私のピットは画面右奥です。木に囲まれて少々窮屈でしたが、新鮮な酸素がいっぱいでリフレッシュできました(笑)

Pit

 ピット設営が終わったところで次は車検です。

Dsc00044

 こちらも参加者が多いので長蛇の列になります。まずは重量チェックですが、車検場のハカリで測ると1520gしかありませんでした。自宅のハカリだと1530gは超えていたので、少し誤差があるようです。今後気をつけないと・・・。

Dsc00046

 タミヤスタッフによる車検の様子です。途中から4人体制になりましたが、なかなか列が進みません。とは言え、このキチッとした車検があってこその楽しいレースです。はやる気持ちを抑えてここはがまんです。

 今回のコースレイアウトはこんな↓感じです。タミヤスタッフの粋な計らいでコース上に当たると痛そうな木の壁や、操縦台からは死角になる位置にパイロンが置かれています。

 レース前の下見では、左下のセクションの特設の壁が怖いなという印象だったのですが、実際に走ってみるとそうでもなく、むしろヘアピン手前の鋭角のコーナーの方が神経を使いました。

Dsc00048

 車検が終わると練習走行です。私は浜松市在住のため静岡まで来る機会は少なく、静岡タミヤサーキットも久しぶりでした。なので、まずは感覚を取り戻す作業から開始です。師匠ASSY君の事前情報ではレーシングスリックタイヤのグリップは上々との事だったのですが、ヘアピンなどややアンダーな感じです。また、緊張もありどうしてもスロットルを握ってしまい、全くといっていいほどクリップポイントに載せられませんでした。ということで、大した成果もなく、不安な状態のまま練習走行は終了しました。

 続いてドライバーズミーティングです。今回も色とりどりの工夫を凝らしたカラーリングのマシンが多く、参考になりました。からLEDユニットが発売されたこともあり、ライトが点灯しているマシンも数台ありました(ライト点灯仕様はしばらくはコンデレでは有利かもしれません)。私はと言うと、今回はEPSONカラーで臨んだのですが、あっさり選考外となりました。

Dsc00054

 予選1ヒート目の前に、エキパ○本氏にマシンチェックをしてもらいました。練習走行でのフィーリングを踏まえ、アドバイスをもらったのは

  ・フロントアッパーアームのシャーシ側の取り付け位置を下げる。

     ⇒ キャンバー変化を促しフロントのグリップUPをねらう。

  ・フロントダンパーのロワアーム側の取り付け位置をひとつ外にする。

     ⇒ コーナリングで初期の反応をあげる。

  ・フロントのベルトの張りが、リアに比べて強い。

です。ちょっと触っただけなのに瞬時にデフの調整具合、キャンバー設定などその他の部分についても的確なアドバイスをしてくれました。さすがはエキスパートです。

~~ 次回に続く ~~

4月 11, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

やっぱりね・・・

 最近ずっと気になってたことが・・・。

 モーターのメンテナンスにヨコモのMMSモーターチューナを使っているのですが、実際の出力電圧が液晶画面のモニター電圧よりも少し低くないかと。

 ・・・そこで実測してみました。

Dscf5687_2

 結果は↑の通りです。

 なんと 0.2V も低いですよ!!!

 やっぱりね・・・。GTチューンだと 500rpm ちょっと変わります。設定電圧により多少変動するようですが、7.2V でチェックするのであれば +0.2V する必要があるようです。

4月 7, 2006 趣味 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

幸運の手紙

 今日仕事から帰ったら、から身に覚えのない2つ折厳禁の封筒が・・・

Dscf5677

 封を切ってみると・・・

Dscf5681

 キターーーーーーーーーーーーー!!!

コンデレゲットした時の写真です。しかもよく見ると写真の右下にはの打刻が!

Dscf5684

 妙にうれすぃーーーーー!!!

封筒をよく見るとなにやら奥の方からパンフが・・・

Dscf5682

 見たこともないようないぶし銀のパンフです。明らかにマニアック。さすがはです。蝦で鯛を釣るつもりです。

そうはいきませんよ!ぜったい!きっと・・・たぶん・・・。

4月 6, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

TA05ダイエット中②

 先日に続きダイエットネタです。

 話が前後しますが、まずはダイエット前のブヨブヨの状態で体重測定。

Dscf5622

 バッテリー、ボディー、タイヤなしの状態で953gです。まずは、例のカーボンパーツ3点セットに交換します。newシャーシはグラステープでバッテリーを固定するための穴があいているので、バッテリー固定関係のパーツは不要です。それとスタビも外すつもりなので、そのパーツたちも不要となります。ちなみに重量は↓

Dscf5635

なんと20gもありますよ!!

 22gをいくらで削ったと思ってるんですか?さん!

あと、サーボをリーサルウエポンに交換すると・・・

Dscf5634

 897gです。56gのダイエットに成功です!

 ノリノリ気味に書いてしまいましたが、目立った工夫もなく、やっとフツーの状態に戻ったということでしょうか?

 あとはボディーですが、この間のタミグラで使用したスープラと今回製作したNSXを比べると、NSXの方が10gも軽かったです。・・・ということで迷うことなくNSXを選択。

 最終的にこんな感じになりました!

Dscf5676

 ピニオンとアンテナパイプ、ボディースナップピンがついていないので、たぶん10g弱はプラスされると思います。もう少し軽くしたいけど、週末のレースはこの状態で参戦します。

4月 5, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

RC WORLDどうよ?

 今日はRC WORLDの発売日だったので、会社の帰りに本屋に寄って買ってきました。

Dscf5675

 ざっと読みましたが、あまり面白くなかったです。ちょっと残念・・・。来月は立ち読みかな?

4月 4, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

不幸の手紙

 仕事を終えて自宅に帰ったら、我が家にも届いてましたよ、不幸の手紙が・・・。

Dscf5668

 う~、信じられない・・・信じたくない!あんなにご愛顧してたのに~(悲)。心のオアシスがまたひとつ消えていきました。こうなったらやけ買いだ!!

 ちょっとブルーな状態に追い撃ちをかける出来事が・・・。今週末のタミグラに向けてTA05をメンテしていたところ、恐ろしい事実を発見!!

Dscf5672

なんとCハブが左右逆ですよ!!

 写真は右前足ですが、異常に前傾姿勢です!もう前に出る気満々ですよ!!先月の名古屋開催のタミグラ以降メンテしていなかったので、確実にレースはこの状態で走ってます。Cハブは4°のものを使っているので、鬼のように直進安定性が悪くなってるはず・・・。更にブルーになるのは、その後ハマキタでもそのまま走って

”まあまあのフィーリングじゃん”

 とコーヒー片手にご満悦だったワ・タ・シ。

 私には細かなセッティングは必要ないようです(悲)。そして傍らでは出番を前にひたすら空回りしているコイツ。

Dscf5674

 ちょっぴりコミュがくびれてきたかな?

4月 3, 2006 趣味 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

タミグラ用ボディ

 ラジコンネタではないですが、昨日は天気がよかったので浜松市内某所にお花見に行ってきました。翌日が雨予報だったこともあり、けっこう人がいました。桜もほぼ満開に近い状態でした。

Dscf5644

 で、明けて今日は予報通りの。来週末のタミグラ用にボディーを作りたかったのですが、あいにくの天気で作業が進みません。結局終わったのは夜の8時頃でした。

 先日の名古屋開催のタミグラにて使用したスープラボディーでもよかったのですが、クラッシュによりフェンダー部分が割れてしまったのでレースでは不安です。そこで、レース会場でゲットしていたジャンクのNSX2005ボディーを使うことにしました。

 ・・・で、カラーリングですが悩んだ挙句EPSONカラーにすることにしました。SUPER GTの開幕戦を見たときはARTAカラーがいいな~と思ったのですが、からリリースが決まっていますので断念しました。

 そうと決まればロゴ作成なのですが、EPSONカラーは3/31にEPSON NAKAJIMA RACINGのウェブサイトが更新され、そこからデータを入手できます。いつもはこのロゴ作成作業にすごく時間がかかるのですが、今回はあっさり解決です。

 で、できあがりがコレです↓

Nsx_flont

 ついでにキュート?なお尻も・・・

Nsx_back

 おまけにいかした横顔も・・・(やりすぎ?)

Nsx_side

 個人的にはまずまずのできばえと思っているのですが、唯一メインのブルーの色目が実車とちょっと違うかな?と思ってます。もう少しむらさきが強いような・・・。塗料のブレンド加減がイマイチだったようです。カラーテストもしてみたのですが、やっぱり天気が悪くて発色がよくなかったのでしょう。

 これでなんとかボディーも準備できたので、あとはモーターのメンテくらいかな?今週末のタミグラが楽しみです。心配なのは天気ですが、今のところ晴れ予報のようです。

4月 2, 2006 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)